忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Ark0046
性別:
男性

リンク

最新コメント

[09/21 brazilian body wav]
[09/14 ベース]
[09/01 クラブフルセット]
[09/01 シティサイクル 通販]
[09/01 アディダス 時計 白]
[09/01 イブサンローラン 財布 レディース]
[08/31 Giuseppe Zanotti ハイカットスニーカー レディース]
[08/31 ガガミラノ 腕時計]
[08/31 ニューバランス 996 メンズ]
[08/31 ナイキ エアジョーダン レディース]

最新トラックバック

忍者アド

アクセス解析

2017.09.23 Sat 00:20:03

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.01.01 Thu 00:00:00

インストール
ネットワーク設定
セキュリティレベルの設定
rootになれるユーザを制限する
パッケージ管理システム設定
ntpの設定
インメモリKVS構築(Redis)
Java 開発環境
Jenkins
Maven
Ant

PR

2016.05.06 Fri 18:53:26

CentOS 6.7(CentOS-6.7-i386-minimal.iso) をダウンロードしインストール

o CentOS 6.7インストール実行
  空ENTER
o メディアチェック
  「Skip」を選択
o CentOSグラフィカルインストーラ起動
  Next
o 言語選択
  「Japanese(日本語)」を選択して「Next」
o キーボード設定
  「日本語」を選択して「次」
o ストレージデバイス選択
  「基本ストレージデバイス」を選択して「次」
o 初期化
  「全てを再初期化」
o ホスト名設定
  「ホスト名」にサーバーのホスト名(例:centos6.ark0046.orz)を入力して「次」
o 地域設定
  「システムクロックでUTCを使用」のチェックをはずして「次」
o root(管理ユーザ)パスワード設定
  任意のrootユーザパスワードを2箇所入力して「次」
o インストールタイプ設定
  「すべての領域を使用する」を選択して「次」
  「変更をディスクに書き込む」を選択
o インストール完了
  「再起動」

2016.05.06 Fri 18:58:02

事前確認
  ホストOSの VMnet8 (nat) に設定されているIP情報を調べておく
    例)192.168.159.1/24

eth0ネットワーク設定ファイル編集
 # vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
================================================
DEVICE=eth0
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
TYPE=Ethernet
NM_CONTROLLED=yes
ONBOOT=yes ← ネットワーク自動起動設定
BOOTPROTO=static ← IPアドレス固定設定
IPADDR=192.168.159.10 ← サーバーのIPアドレスを入力
NETMASK=255.255.255.0 ← ネットマスクを入力
GATEWAY=192.168.159.2 ← ルーターのIPアドレスを入力
DNS1=192.168.159.2 ← ルーターのIPアドレスを入力
================================================

ネットワーク再起動
 # /etc/rc.d/init.d/network restart

ネットワーク疎通確認(外部サイトへPINGを実行)
 # ping -c 4 www.google.com

2016.05.06 Fri 18:59:26

SELinuxの無効化
 # setenforce 0
SELinux状態確認(Permissiveと出力されることを確認)
 # getenforce
SELinux設定ファイル編集
 # vi /etc/sysconfig/selinux
  SELINUX=enforcing
   ↓
  SELINUX=disabled

2016.05.06 Fri 18:59:51

例:hogeユーザ

一般ユーザhogeの作成
 # useradd hoge
hogeのパスワード設定
 # passwd hoge

ユーザをwheelグループに追加(/etc/group)
 # usermod -G wheel hoge

suファイルのコメントを一部解除
(wheelグループのユーザーのみsuコマンドを実施できるようにする)
 # vi /etc/pam.d/su
  #auth       required     pam_wheel.so use_uid
   ↓
  auth       required     pam_wheel.so use_uid

sshでrootでのログインを不許可に設定
 # vi /etc/ssh/sshd_config
  #PermitRootLogin yes
   ↓
  PermitRootLogin no

 # service sshd reload

2016.05.06 Fri 19:00:40

インストール済パッケージの一括アップデート
 # yum -y update

ベースパッケージ群、開発ツールパッケージ群インストール
 # yum -y groupinstall "Base" "Development tools"

2016.05.06 Fri 19:01:07

手動で時刻を合わせる
 # ntpdate ntp.nict.jp
crontabへ設定(毎時0分に1時間おきに実行)
 # crontab -e
  0 * * * * /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp > /dev/null 2>&1

2016.05.06 Fri 19:01:25

インストール
 # rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
 # yum -y install redis

Redisを起動
 # /etc/init.d/redis start

サーバ起動時にRedisが起動するように設定
 # chkconfig redis on
 # chkconfig --list | grep redis

動作確認
 $ redis-cli
 > set name ark0046
 > get name
 ark0046
 > exit

2016.05.06 Fri 19:02:08

java 8 開発環境のインストール
 # yum install java-1.8.0-openjdk-devel

ランタイムだけの場合は以下
 # yum install java-1.8.0-openjdk

複数のバージョンがインストールされている際にデフォルト切り替え
 # alternatives --config java

2016.05.06 Fri 19:02:38

※Jenkins を動かすためには Java 6 以上が必要

Jenkins のインストール
 # wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo
 # rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key
 # yum install jenkins

jenkinsの設定値変更
 # vi /etc/sysconfig/jenkins
================================================
JENKINS_JAVA_OPTIONS="-Djava.awt.headless=true -Dhudson.util.ProcessTree.disable=true"
JENKINS_PORT="8090"
JENKINS_AJP_PORT="8010" ← いらんかな??
JENKINS_ARGS="--prefix=/jenkins"
================================================

ファイアウォールの設定値変更
 # vi /etc/sysconfig/iptables
================================================
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 8090 -j ACCEPT ← 追加
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
================================================

ファイアウォール再起動
 # service iptables restart

Jenkins起動
 # service jenkins start

サーバ起動時にJenkinsが起動するように設定
 # chkconfig jenkins on
 # chkconfig --list | grep jenkins

Jenkinsへアクセス
http://192.168.*.*:8090/jenkns
Administrator password に以下で表示される内容を貼り付け
 # cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword

おすすめプラグイン
FindBugs Plugin
コンパイル後のバイトコードを解析してバグや不具合が発生しそうなコードをチェックしてくれる
Checkstyle Plugin
コーディング規約違反をチェックをしてくれる
Emotional Jenkins Plugin
Jenkinsおじさんが怒ったり悲しんだりする

2016.05.09 Mon 10:28:44

ダウンロード
 # cd /usr/local/lib/
 # wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/maven/maven-3/3.3.9/binaries/apache-maven-3.3.9-bin.tar.gz

インストール
 # tar xzvf apache-maven-3.3.9-bin.tar.gz
 # ln -s apache-maven-3.3.9/ maven

環境変数の設定
 # echo 'export MVN_HOME="/usr/local/lib/maven"' >> /etc/profile.d/maven.sh
 # echo 'export PATH="${MVN_HOME}/bin:${PATH}"' >> /etc/profile.d/maven.sh
 # source /etc/profile.d/maven.sh

確認
 # mvn --version

2016.05.09 Mon 10:29:48

ダウンロード
 # cd /usr/local/lib/
 # wget http://www.apache.org/dist/ant/binaries/apache-ant-1.9.7-bin.tar.gz

インストール
 # tar xzvf apache-ant-1.9.7-bin.tar.gz
 # ln -s apache-ant-1.9.7/ ant

環境変数の設定
 # echo 'export ANT_HOME=/usr/local/lib/ant' >> /etc/profile.d/ant.sh
 # echo 'export PATH=$PATH:$ANT_HOME/bin' >> /etc/profile.d/ant.sh
 # source /etc/profile.d/ant.sh

確認
 # ant -version