忍者ブログ

ブログ内検索

プロフィール

HN:
Ark0046
性別:
男性

リンク

最新コメント

[09/21 brazilian body wav]
[09/14 ベース]
[09/01 クラブフルセット]
[09/01 シティサイクル 通販]
[09/01 アディダス 時計 白]
[09/01 イブサンローラン 財布 レディース]
[08/31 Giuseppe Zanotti ハイカットスニーカー レディース]
[08/31 ガガミラノ 腕時計]
[08/31 ニューバランス 996 メンズ]
[08/31 ナイキ エアジョーダン レディース]

最新トラックバック

忍者アド

アクセス解析

2017.07.24 Mon 07:48:44

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.01.01 Thu 00:00:00

インストール
sudo でパスワードを必要としない設定
Tracker のアンインストール
最新の状態へ
IPアドレスを固定に
無線LANの接続準備
NTPサーバーと同期するように設定
デスクトップにコンピュータ、ホームフォルダへのショートカットを表示
ホームディレクトリ名を日本語から英語に変更
GNOMEターミナルの色を変更
マルチメディア関連のソフトウェア
OS起動時のブート画面をシンプルに
フォントを追加
フォントの表示を綺麗に
テーマを変更
マウスカーソルを黒に変更
テキストエディタ、manpage のインストール
メーラを Evolution から Thunderbird へ
SCIM の設定
Java 開発環境
Flashを見れるようにする
VMware Server 2 による仮想環境構築
iptables による NAT
Java Web 開発環境構築
ssh 接続が遅い時の対処法
PR

2009.03.24 Tue 16:15:14

Ubuntu 8.10 (Intrepid Ibex) をインストールする

2009.03.24 Tue 16:16:37

$ sudo visudo

    hoge ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL

2009.03.24 Tue 16:17:02

Tracker(デスクトップ検索ツール)はCPUとメモリを使いまくって邪魔なので削除

[システム]→[システム管理]→[Synaptic パッケージ・マネージャ]より、
trackerを検索し、右クリックで完全削除指定し、適用

2009.03.24 Tue 16:17:26

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude upgrade

2009.03.24 Tue 16:17:50

1. 「システム→設定→Network Configuration」にてAuto eth0のMACアドレスをコピー
2. 現在ある全てのネットワーク接続を削除
3. 右上(キーボードアイコンの左)にあるネットワーク接続を左クリックし、「自動イーサネット」をクリック
4. 「システム→設定→Network Configuration」にて「自動イーサネット」を選択し「編集」をクリック
5. 「自動的に接続する」のチェックをはずす
6. 「システム設定」のチェックを入れる
7. 先ほどコピーしたMACアドレスを「MACアドレス」の欄にペースト
8. 「IPv4設定」タブの「メソッド」を「手動」に変更
9. 「IPv4設定」タブの「アドレス」、「ネットマスク」、「ゲートウェイ」、「DNSサーバ」を入力
10. 一旦「OK」ボタンをクリック
11. ユーザ認証のダイアログがでるので、パスワードを入力し「認証」をクリック
12. 再度、「自動イーサネット」を選択し「編集」をクリック
13. 「自動的に接続する」にチェックを入れる
14. 「OK」をクリック
15. 再起動

2009.03.24 Tue 16:18:13

システム→システム管理→ハードウェア・ドライバに出てくる
「Atheros 802.11 wireless LAN cards」を「無効」にする

再起動

$ sudo aptitude install linux-backports-modules-intrepid

$ sudo modprobe ath5k

$ sudo vi /etc/modules
  最終行に下記を追記
    ath5k

再起動

デスクトップ上のnetwork-managerからアクセスポイントがみえるようになる

2009.03.24 Tue 16:18:36

システム > システム管理 > 時刻と日付の設定 > ロックの解除
  ロックを解除した後、設定を手動からインターネット上のサーバと同期させるに変更

システム > システム管理 > 時刻と日付の設定 > ロックの解除
  時刻サーバの選択ボタンを押し、ntp.ubuntu.comのチェックを外してから、
  下部のテキストエリアにntp.nict.jpと記入して追加

2009.03.24 Tue 16:19:12

alt + F2キーを押してアプリケーションの実行ウィンドウを表示し、gconf-editorと入力して実行
  /apps/nautilus/desktop を選択し、computer_icon_visible、home_icon_visible にチェック

2009.03.24 Tue 16:20:24

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
  ダイアログボックスより[Update names]をクリック
  [システム]→[設定]→[セッション]より[User folders update]のチェックを外す

2009.03.24 Tue 16:20:56

端末のメニューバーの『編集』 > プロファイルの設定 > 色
  システムのテーマ色を使用するのチェックを外し、組み込みのスキームを黒字に白文字
端末のメニューバーの『編集』 > プロファイルの設定 > 背景
  透過な画像

2009.03.24 Tue 16:21:17

$ sudo wget http://www.medibuntu.org/sources.list.d/intrepid.list -O /etc/apt/sources.list.d/medibuntu.list
$ sudo aptitude update && sudo aptitude install medibuntu-keyring && sudo aptitude update

2009.03.24 Tue 16:21:36

$ sudo aptitude install startupmanager

システム > システム管理 > StartUp-Manager
  起動オプションの起動スプラッシュを表示のチェックを外す

2009.03.24 Tue 16:21:57

ホームフォルダに.fontsというフォルダを作成し、その中にフォントファイル
(ttaファイル、ttcファイル、otfファイル等)をコピーする
(全てのユーザで使用するには/usr/share/fonts/にフォントファイルをコピー)
  みかちゃんフォント(プロポーショナルを選択)
    http://www001.upp.so-net.ne.jp/mikachan/
  Arisaka(ARISAKA_fix.ttfで固定幅用のフォントとする)
    http://www.geocities.jp/osakaforwin/

2009.03.24 Tue 16:22:20

システム > 設定 > 外観の設定 > フォント > 詳細
  『滑らかさの補正(スムージング)』をグレースケールに、『線幅の補正(ヒンティング)』を細身

2009.03.24 Tue 16:22:42

システム > 設定 > 外観の設定 > テーマ
  DarkRoomを選択

システム > 設定 > 外観の設定 > テーマ > カスタマイズ > 色
  入力ボックスの背景を#3D2A20、入力ボックスの文字列を#EBE0CE

好きな素材を落とせる
  http://art.gnome.org/

2009.03.24 Tue 16:22:59

システム > 設定 > 外観の設定 > テーマ > カスタマイズ > ポインタ
  DMZ(Black)

2009.03.24 Tue 16:23:39

$ sudo aptitude install vim manpages-ja manpages-ja-dev
$ sudo update-alternatives --config editor

2009.03.24 Tue 16:24:01

$ sudo aptitude purge evolution
$ sudo aptitude install thunderbird

2009.03.24 Tue 16:24:10

後ほど Eclipse を導入し、[CTRL]+[Space] (入力補完)を有効にするため、
SCIM のホットキーから [CTRL]+[Space] を削除しておく

システム > 設定 > SCIM入力メソッドの設定 > 全体設定
SCIM開始から、[CTRL]+[Space] を削除

再起動

2009.03.24 Tue 16:24:15

sun-java のインストール
$ sudo aptitude search java
$ sudo aptitude install sun-java6-jdk

複数のJavaがインストールされている場合にバージョンを指定
$ sudo update-alternatives --config java
$ sudo update-alternatives --config javac
$ sudo update-alternatives --config javadoc

2009.03.24 Tue 16:24:21

$ sudo aptitude install ubuntu-restricted-extras

2009.03.24 Tue 16:24:44

VMware Server 2 ダウンロード
VMware-server-2.0.0-122956.i386.tar.gz

必要なツールをインストール
$ sudo aptitude install linux-headers-`uname -r` build-essential xinetd

VMware Server 2 インストール
$ tar xzvf VMware-server-2.0.0-122956.i386.tar.gz
$ cd vmware-server-distrib
$ sudo ./vmware-install.pl
  ほとんどの質問にデフォルトで良いが、VMware 管理ユーザ設定箇所のみ
  [yes]と入力し、ログインユーザを登録する

キーマップ変更
$ vi ~/.vmware/config
================↓=========================================↓==================
xkeymap.language = jp106
xkeymap.keycode.37 = 0x01d  # Control_L
xkeymap.keycode.64 = 0x038  # Alt_L
xkeymap.keycode.97 = 0x073  # kana_RO
xkeymap.keycode.100 = 0x079 # Henkan
xkeymap.keycode.105 = 0x11d # Control_R
xkeymap.keycode.107 = 0x137 # Print
xkeymap.keycode.108 = 0x138 # Alt_R
xkeymap.keycode.110 = 0x147 # Home
xkeymap.keycode.111 = 0x148 # Up
xkeymap.keycode.112 = 0x149 # Prior
xkeymap.keycode.113 = 0x14b # Left
xkeymap.keycode.114 = 0x14d # Right
xkeymap.keycode.115 = 0x14f # End
xkeymap.keycode.116 = 0x150 # Down
xkeymap.keycode.117 = 0x151 # Next
xkeymap.keycode.118 = 0x152 # Insert
xkeymap.keycode.119 = 0x153 # Delete
xkeymap.keycode.132 = 0x07d # backslash
xkeymap.keycode.133 = 0x15b # Super_L
xkeymap.keycode.135 = 0x15d # Menu
================↑=========================================↑==================

VMware 起動
$ sudo /etc/init.d/vmware restart
$ vmware

2009.03.24 Tue 16:25:05

$ sudo vi /etc/sysctl.conf
  #net.ipv4.ip_forward=0
    ↓
  net.ipv4.ip_forward=1
$ sudo sysctl -p
$ sudo /etc/init.d/networking restart

$ sudo vi iptables.sh
================↓=========================================↓==================
#!/bin/sh

# NAT の設定を削除
iptables -F -t nat
# 全てのルールを削除
iptables -F
# 全てのユーザ定義チェインを削除
iptables -X

# ポリシー
iptables -P INPUT DROP    # 受信はすべて破棄
iptables -P OUTPUT ACCEPT # 送信はすべて許可
iptables -P FORWARD DROP  # 通過はすべて破棄

# 接続が確立したパケットは許可
iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
iptables -A FORWARD -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# 自ホストからのアクセスをすべて許可
iptables -A INPUT -i lo -j ACCEPT
# ICMP からのアクセスを許可
iptables -A INPUT -p icmp -j ACCEPT

# TCP22番ポート
iptables -A FORWARD -i eth0 -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
iptables -t nat -A PREROUTING --dst [転送元サーバ外側IP] -p tcp --dport 22 -j DNAT --to-destination [転送先サーバIP]
iptables -t nat -A POSTROUTING -p tcp --dst [転送先サーバIP] --dport 22 -j SNAT --to-source [転送元サーバ内側IP]
iptables -t nat -A OUTPUT --dst [転送元サーバ外側IP] -p tcp --dport 22 -j DNAT --to-destination [転送先サーバIP]
================↑=========================================↑==================

$ sudo chmod 700 iptables.sh
$ sudo ./iptables.sh

設定内容を保存
$ sudo sh -c "iptables-save -c > /etc/iptables.rules"

起動時に設定を反映させる
$ sudo sh -c "cat > /etc/network/if-pre-up.d/iptables"
> #!/bin/sh
> iptables-restore < /etc/iptables.rules
> exit 0
$ sudo chmod +x /etc/network/if-pre-up.d/iptables

2009.03.24 Tue 16:25:27

Tomcat のインストール
$ sudo aptitude search tomcat
$ sudo aptitude install tomcat6 tomcat6-admin tomcat6-docs tomcat6-examples tomcat6-user
  http://localhost:8080/ でアクセス可

Tomcat の停止
$ sudo /etc/init.d/tomcat6 stop

Eclipse のダウンロード
eclipse-jee-ganymede-SR2-linux-gtk.tar.gz

NTTデータ提供の Eclipse 日本語化パックをダウンロード
NLpackja-eclipse-jee-ganymede-SR1-blancofw.zip

Eclipse のインストール
$ tar xzvf eclipse-jee-ganymede-SR2-linux-gtk.tar.gz
$ sudo mv eclipse/ /opt/eclipse
$ sudo vi /usr/bin/eclipse
================↓=========================================↓==================
#!/bin/sh
export ECLIPSE_HOME="/opt/eclipse"
sudo $ECLIPSE_HOME/eclipse $*
================↑=========================================↑==================
$ sudo chmod +x /usr/bin/eclipse
$ cp NLpackja-eclipse-jee-ganymede-SR1-blancofw.zip /opt/eclipse/dropins/
$ cd /opt/eclipse/dropins/
$ unzip NLpackja-eclipse-jee-ganymede-SR1-blancofw.zip

$ sudo vi /etc/security/limits.conf
    以下を追記
================↓=========================================↓==================
root soft nofile 49152
root hard nofile 49152
root soft nproc 4096
root hard nproc 4096
================↑=========================================↑==================

Eclipse の起動
$ eclipse

Eclipse プラグインのインストール
1. [ヘルプ]→[ソフトウェア更新]→[使用可能なソフトウェア]の
   [サイトの追加]より以下を追加
     http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/
2. 追加したサイトの以下のプラグインのチェックボックスをオンにして[インストール]
     DbLauncher
     Sysdeo/SQLITomcat Launcher
     Dolteng
     Kijimuna
     ResourceSynchronizer
     SAStrutsPlugin
3. 指示に従い、Eclipseを再起動
4. [ウィンドウ]→[設定]の中の[Tomcat]を選択
5. Tomcat の情報を指定し[適用]→[OK]
     バージョン:6.x
     Tomcat ホーム:/var/lib/tomcat6

シンボリックリンクを作成
$ sudo ln -s /usr/share/tomcat6/bin /var/lib/tomcat6/bin

tomcat の使用ポート番号の8005(shutdown)が VMware と被るため変更
$ sudo vi /var/lib/tomcat6/conf/server.xml
  <Server port="xxxx" shutdown="SHUTDOWN">

    xxxx には未使用のポート番号を指定